審美治療・ホワイトニング

審美治療

Cosmetic dentistry

審美歯科とは、歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、耐久性の優れた素材を使用することで長期に渡って「噛む」、「話す」といった機能面も重視して治療を行います。
美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

インレー(部分的な詰め物)

インレーの種類(保険適用外)

オールセラミックインレーオールセラミックインレー
特徴

セラミック(陶器)でできた詰め物です。

メリット
  • 天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 強い衝撃で割れやすく、値段が高い
ジルコニアインレージルコニアインレー
特徴

人工ダイヤであるジルコニアでできた詰め物です。

メリット
  • 強度があり非常に割れにくい
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • オールセラミックに比べて透明感が劣る
ゴールドインレーゴールドインレー
特徴

金合金の詰め物です。

メリット
  • 適合が良い
  • 金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • むし歯になりにくい
  • 化学変化を起こしにくく比較的安定しているので金属アレルギーの心配がほとんどない
デメリット
  • 金属部分が目立つ

インレー(保険適用)

メタルインレー(合金)メタルインレー(合金)
特徴

いわゆる銀歯です。

メリット
  • 金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • 保険適用で治療費を抑えられる
デメリット
  • 金属部分が目立つ
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 少しずつ溶け出した金属イオンによって歯茎が黒ずむことがある
  • 硬いので反対側の歯が痛む危険性がある

クラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に全体に被せる人工の歯のことです。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミッククラウンオールセラミッククラウン
特徴

セラミック(陶器)のみでできた被せ物です。

メリット
  • 天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 強い衝撃で割れやすく、値段が高い
ジルコニアクラウンジルコニアクラウン
特徴

人工ダイヤであるジルコニアでできた被せ物です。

メリット
  • 強度があり非常に割れにくい
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • オールセラミックに比べて透明感が劣る
ジルコニアセラミッククラウンジルコニアセラミッククラウン
特徴

ジルコニアクラウンにセラミックを盛った2層構造の被せ物です

メリット
  • 天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • 変色しにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 極度の強い衝撃を与えるとまれに割れることがある
ゴールドクラウンゴールドクラウン
特徴

金合金の被せ物です。

メリット
  • 適合が良い
  • 金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • むし歯になりにくい
  • 化学変化を起こしにくく比較的安定しているので金属アレルギーの心配がほとんどない
デメリット
  • 金属部分が目立つ
ラミネートべニアラミネートべニア
特徴

前歯の表面を薄く削り、セラミック製の板を貼り付けるものです。

メリット
  • 「すきっ歯」やホワイトニングで白くならない天然歯を白くすることが可能
  • 歯を削る量が少なくて済む
デメリット
  • 全体的に被せないので、外れやすい

クラウンの種類(保険適用)

CADCAM冠CADCAM冠
特徴

レジンという歯科用プラスチックで作られた被せ物です。

メリット
  • セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • 保険適用で治療費が抑えられる
  • 金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • 長期間の使用で変色することがある
  • 咬む力が強い方、歯ぎしりや食いしばりで割れることがある
硬質レジン前装冠硬質レジン前装冠
特徴

中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けた被せ物です。

メリット
  • セラミックのような天然歯に近い透明感は無い
  • 中身が金属なので強度がある
  • 前歯~犬歯であれば保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • 裏から見ると金属が見える
  • 長期間の使用で変色することがある
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 少しずつ溶け出した金属イオンによって歯茎が黒ずむことがある
メタルクラウン(合金)メタルクラウン(合金)
特徴

いわゆる銀歯で、全体が金属でできた被せ物です。

メリット
  • 金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • 保険適用で治療費を抑えられる
デメリット
  • 金属部分が目立つ
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 少しずつ溶け出した金属イオンによって歯茎が黒ずむことがある
  • 硬いので反対側の歯が痛む危険性がある

コア(土台)

重度のむし歯を治療した際、土台を立ててその上に被せ物を装着します。

ファイバーコアファイバーコア
グラスファイバーの繊維を樹脂で固めた天然歯と同じ硬さの材料で、歯が割れにくく(歯にやさしい)、金属アレルギーの心配もありません。光が透過し、クラウン(被せ物)に合わせて使用することで透明感のある天然歯に近い色調になります。
メタルコアメタルコア
金属の土台で、硬く強いため、歯がしなることができず、根が折れてしまうことがあります。また歯茎が黒ずんだりすることがあります。

ホワイトニング

Whitening

ホワイトニングとは、タバコやコーヒー、加齢や遺伝により黄色くなっている歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、歯にやさしい審美治療です。蓄積した着色を漂白し、歯本来の白さを取り戻します。
より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行います。

個人差はありますが、ホワイトニングは永続的なものではなく3~4ヶ月で色が後戻りしてしまいます。そのため、定期的なメンテナンスをおすすめします。
ホワイトニングが可能かどうか、またその効果には個人差がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

クリニックで行う オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯の表面に比較的高濃度の薬剤を塗布し、特殊な光を照射して歯の色素分解を促進させる方法です。
1回の処置で白さを実感でき、短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。

自宅で行う ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて毎日一定時間装着していただく方法です。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより持続時間を長く保つことができます。

クリニックと自宅で行う デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。

ウォーキングブリーチ

通常のホワイトニングでは効果のない神経を除去した歯の黒ずみを白くする方法です。歯の裏側の目立たない箇所に穴をあけ漂白剤を入れ、内側から白くしていきます。

ガムピーリング(歯肉のホワイトニング)

加齢によるメラニン色素の沈着や喫煙により茶褐色に変色した歯肉に薬剤を塗り、古い歯肉と一緒に除去することで健康的なピンク色の歯肉にする治療法です。