入れ歯・ブリッジ・インプラント

入れ歯

Denture

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の取り外しのできる人工の歯です。残っている歯が1本でもあり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、しっかりと相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。
当院では、専門的に取得した技術でお口にぴったり合う入れ歯を製作いたします。他院で製作した入れ歯の調整も承っていますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット
  • 比較的短期間で治療可能
  • 外科的な処置をしないので、糖尿病や高血圧などの方にも可能
入れ歯のデメリット
  • 装着感や咬み心地があまり良くない
  • 顎の骨が痩せてしまうことがある
  • バネをかける歯に負担がかかる

保険診療の入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。
デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険診療外の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

金属床

金属床

金属で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、丈夫で壊れにくく、軽く、薄くすることが可能なため違和感が少ないことが特徴です。また食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

インプラントデンチャー

インプラントデンチャー

インプラントに入れ歯を固定する治療法です。安定感に優れており、しっかり噛むことができます。

ブリッジ

Bridge

ブリッジとは、むし歯や歯周病、外傷にて歯を失ってしまった場合、なくなった歯の両脇の歯を支えとして、人工の歯を橋のように架ける治療です。

ブリッジのメリット
  • 違和感が少なく自分の歯のように噛むことができる
  • 比較的短期間で治療可能
  • 外科的な処置をしないので、糖尿病や高血圧などの方にも可能
ブリッジのデメリット
  • 失ってしまった歯の隣の歯を削らなければならない
  • 土台となる歯に負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう

インプラント

Implant

インプラント治療とは、歯が失われた場所に歯の根に代わるチタン製の人工歯根を埋めて、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯を被せる治療です。
当院では、歯科用3次元CTを用いてインプラントを受ける全ての患者様の歯やあごの状態を撮影させていただきます。今までの平面的な2次元のレントゲンと比較すると、立体的に神経の走行・骨の状態・組織を把握することができるため、より精度の高い診断と安全性の高いインプラント治療を提供することが可能になります。
当院では、世界で一番使用され、安全性が高いスイスのストローマン社製のインプラントを使用し、安心してインプラント治療を受けていただくことができます。

インプラントの構造

インプラントのメリット
  • 天然歯と同じような機能と見た目を取り戻すことができる
  • 自分の歯と同じように食事を楽しむことができる
  • 残っている周りの歯を傷つけることがない
  • 顎の骨が痩せない
インプラントのデメリット
  • 費用と時間がかかる
  • 手術が必要となる
  • 長期間使用するため、定期的なメンテナンスが必須
  • 喫煙や骨の状態、重度の全身疾患がある場合、インプラント治療が困難となるケースがある