一般歯科・口腔外科

一般歯科

General dentistry

むし歯になってしまう原因は、食事をした時に残った糖分をもとにお口の中の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かしてしまうことで起こります。お食事後の歯磨きがしっかりとできていないと歯にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、むし歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

むし歯の原因

むし歯は、以下の4つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。
2.細菌
むし歯菌が出す酸で歯が溶かされるのがむし歯です。歯磨きでむし歯菌を減らすことが大切です。またキシリトールやフッ化物には細菌の活動を抑える働きがあります。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。
4.時間
食べ物や飲み物を口にしてから歯を磨くまでの時間がむし歯の発生に関わります。

むし歯のなりやすさは、細菌の量や甘いものを食べる頻度や量、また唾液や歯そのものの抵抗力などで個人個人まったく違います。
当院では、カウンセリングを丁寧に行い、患者様に安心して治療を受けていただけるように心がけています。ケアだけでなく、保有する菌や生活習慣によってもむし歯ができやすい環境になることがあります。このような様々な側面からむし歯になる理由を検討し、1人ひとりに合わせた治療方法をご提案いたします。

むし歯の進行

口の中では、歯から歯の成分であるミネラルが溶け出す「脱灰」と、唾液の働きにより溶け出したミネラルが歯に再沈着する「再石灰化」が常に起こっています。
人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。
また歯垢(プラーク)が残ったままだと脱灰が進行して、歯の表面に穴が開いてしまいます。

初期のむし歯

C1初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

歯の内部まで進行したむし歯

C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯

C3神経まで進行したむし歯

むし歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯冠が大きく失われた歯

C4歯冠が大きく失われた歯

歯の頭の部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯の根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。

口腔外科

Oral surgery

口腔外科とは、一般歯科が対象とするむし歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患を対象とした診療科です。
「口周りを怪我した」、「口の中にできものがある」、「口が開きづらい」、「舌が痛い、痺れる」など治療内容は以下内容をはじめとして、多岐にわたります。ご不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

口腔の炎症

お口の中の粘膜は、様々な原因により炎症を起こすことがあります。 細菌や薬による感染症、やけど・咬むこと・入れ歯や歯の接触の刺激による炎症などです。

顎顔面の外傷

顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことです。原因は、交通事故、作業中の事故、転倒、殴打などさまざまです。
負傷した部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。早期治療を行うことで機能・審美性の回復も可能ですので、お早めにご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは、生え方に問題があると歯茎が腫れて痛みを伴ったり、手前の歯もむし歯になったり、他の歯を押して歯並びを乱してしまう可能性の高い歯です。
このようなトラブルがある場合や、これからトラブルになりそうな場合は、早めに抜歯することをおすすめします。
生まれながらに親知らずが生えない方もいますし、レントゲンを撮ってはじめて、歯茎の奥の方にあることがわかる方もいます。

実際に抜歯が必要かどうかは検査して、診断する必要があります。当院では、将来トラブルの元になりそうか、現状のままでいることの不都合は無いかといったことを考慮した上で、難しい症例の場合は歯科用3次元CTなどを活用し、より安全な抜歯を行っておりますので、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

過剰歯の抜歯

本来の本数以上に生えてくる歯を「過剰歯」といいます。過剰歯は、歯並びや噛み合わせを乱したり、他の歯に悪影響を及ぼしたりすることがあるので、抜歯をすることがほとんどです。